[LINEUP]-Talk ))))

初戦○ ○戦容○ ○守備配置○ ○○ ○私語○ ○練習○ ○食習慣○ ○遠征○ ○連絡事項



最終更新日●2008/02/26

●アフタヌーン2008年4月号(54話)感想●
今回の試合も長かったねえ!1年以上続いてました!



西浦必死の追随も適わず

9回に1点返せたのは
精神的に大きいと思います。



カットなくってごめんなさい。
スキャナ借りれたらアップしますね…(いつ?)

●2回戦から始まった(1回戦はシード)西浦の夏の大会も今月号で終了しました。
長かった…ハラハラする展開でここまで長いとあんまり素直に楽しめませんね!(あたしだけですか)
 西浦頑張りました。うん。
本当にお疲れ様でした。

●夏の大会も今月号で終了しました。
長かった…ハラハラする展開でここまで長いとあんまり素直に楽しめませんね!(あたしだけですか)

●西浦頑張りました。うん。
本当にお疲れ様でした。
先月号の終わり方を見ていると、もう少し粘って、相手を焦らせるくらいはするかなと期待をしていたんですが、花井が打てなかった時点で、ああもう勝ちはないな、とわかっちゃいましたね。花井が打てないものを、下位が打つというのは無理がありますんで。っていうか本当にこの田島から花井の打線が繋がらないのです。巣山を5番にしたほうがいんじゃね?(花井リストラ)

●試合始まる前での両校勝敗シュミレーションでは総合力的にどっちが勝ってもおかしくないかな、(一発勝負の大会での勝負には多少の力量の差は関係ないと思う)という感じで居ましたけど、この9回裏だけでの打順、ひとつひとつ見ていくと、例えば沖、とか西広と、美丞の投手一対一で考えた時にどうしても西浦不利しか出てこない訳で、ま、ここで勝ってしまうのはちょっと「漫画的展開」かなと興醒めするかもしれなかったので、こういう決着で一番ベストだったんではないでしょうか。
ベストっていうのは西浦側にとって「仕方がない」負け方だった、っていうのが。
「最終打者が公式戦初出場の野球初心者西広だった」とか「正捕手は怪我で途中退場だった」とか「サインを盗まれた」など、第三者から見れば今にも負けそうな要素が満載だった訳で。(この場合、倉田くんの不穏な動きは西浦には作用していないので関係してない。)
バッテリー間でも、お互い足りなかったものが、形に見えて判明した、収穫ある敗戦でした。
先にもあげた「1点でも返せた」という救いがあったので勝負が終わった時も、悔しいながらも「はーー…長いこと頑張ったねえお疲れ!」というなんかこう脱力というか(笑)

●この負けで一番かわいそうなのは西広なんですよね…他のみんなよりも後悔一杯していると思う!最終打者になっちゃったのがね、もうね。あの涙はきっと申し訳ないって凄く責任感じちゃっていると思う。勿論まわりの皆は西広の所為なんかには絶対にしてないけどね。

●泉の背番号が延々と9番に間違えられていたのが気になります〜…コミックスでは直っていますように!

●試合終了の挨拶で相手チームを見据えて力強い目だったのは泉と田島と花井と巣山でした。田島の言動は想像に難くないのですが、巣山にちょっとびびった…結構泣き入り系でない?(思い込み?)

援団に御礼を言いに整列した面子の様子から傾向分析。

←泣かないよ 泣きそう 泣いた→
田島 泉 沖 花井 阿部 水谷 巣山 三橋 栄口 西広
こんな判定です。みなさんはどう見ましたか?

沖とか泉は、周りに先に泣かれちゃったから泣けなくなっちゃった感じです。
花井は「俺はしっかりしなくちゃ」と強がっている感じです。
三橋はまだ、信じられないような…呆然といった感じです。
田島は「勝負には勝者と敗者がいる」っていうのを理解している目です。

●モモカンの激でまた力が湧きましたね!
ええ!新人戦ってもう2週間後なんだ!
泣いてる暇、まじでねーじゃん!(笑)

●新人戦でもまた、西浦快進撃がみれると信じています!
とりあえずお疲れ!

●で、で、で倉田くんにはどういう決着を見せるか
作者の手腕に期待します。


(2008年02月26日)



●2008年2月26日●
おつかれ!!!







私語TOPに戻る
55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 /  /  /